前へ
次へ

派遣はどの程度のPCスキルが必要か

多くの企業では、パソコンを使える人材を優遇している傾向があります。
というのも業務では、どうしてもパソコンを使用することになるからです。
どのような形でパソコンを使用するかは、企業によって異なります。
業務システムを採用している企業も多いですが、表計算ソフトなどで業務を行っている企業も沢山あります。
そうかと思えば、メールもフル活用している企業もありますし、会社によってやり方は異なります。
いずれにせよパソコンが使えれば、会社でも活躍できる事が多いです。
派遣という働き方の場合は、かなりパソコンが重視される傾向があります。
出向先は色々ありますが、ほとんど全ての会社でパソコンを使う事になるからです。
それだけに、この出向の働き方を検討している方によっては、求められるスキルを気にしている事があります。

大阪市中央区 保育士 正社員

古川保育士求人情報
専門職として経験を積めます。

保育士 足立区 求人

伊丹市 保育士 求人

古河市 幼稚園 正社員

小山市エリア幼稚園勤務正社員
地域に密着した園です。

社会福祉法人あおば会採用サイト
あおば保育園で活躍しませんか。

人によっては、パソコンのスキルに関してあまり自信を持っていない事があります。
今まで一度も業務でパソコンを使用した事がなければ、不安感が高まってしまう事もあります。
事実、スタッフ登録する時にはPCのスキルチェックもあります。
登録する際に、わざわざPCに関するチェックが行われる以上、高いスキルが求められるではないかと思われている事も多いです。
実際、確かに派遣先によってはハイレベルなスキルが求められる事はあります。
ただある程度の目安はあって、ブラインドタッチができれば問題ない事が多いです。
手元を見ずにタイピングできるなら、たいていの業務は遂行できるからです。
それと表計算ソフトですが、最低限の知識は求められます。
基本的には、関数の知識は求められると考えて良いでしょう。
四則演算ぐらいのレベルですと、少々厳しい事はあります。
逆に、平均値を算出するぐらいの関数を把握しておけば、基本的には問題なく案件が紹介される傾向があります。
もちろんそれ以上のスキルがあれば、案件の紹介率はさらに高まります。
ブラインドタッチができるなら、かなりの高確率で仕事を紹介してもらえる傾向があります。
そもそもスタッフ登録するタイミングでのスキルがあまり高くなくても、登録した後にスキルを伸ばす事も十分可能です。
結局は、本人の頑張り次第です。

Page Top